土地を売却する前に測量をするメリットとデメリット

土地の売却をするときには測量をした方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。そのままでも売却することはできるので、測量をするメリットとデメリットを考えて決めることが大切です。

売りたいと考えている土地の土地測量図や境界確認書があるかないかによってもメリットが異なるため、状況に応じた判断をしましょう。

土地の測量をするメリットとは

土地を売るときに測量するメリットは、自分が権利を持っている土地の範囲を明確にできることです。土地の境界を明らかに定められるのが土地測量をするメリットで、今まで一度も測量をしたことがないという場合には曖昧になっていることが多いでしょう。

測量をすると境界が決まり、必然的に面積がどの程度あるのかがわかります。何を指標にして土地の境界を決めているかはケースバイケースです。近年になって測量をした場合には杭などを使って境界票を設置するので、かなり長い間に渡って境界が明確になります。

あまりにも古い場合には境界票として用いられていたものがいつの間にかなくなってしまっていたり、動いてしまっていたりすることもあるので注意が必要です。境界を明確にしておくことで自分が売る土地がどのようなものかを正確に伝えて売ることができます。

買い手としては境界が明確になっていてどのような土地かがわかっていた方が安心なので売れやすくなるでしょう。また、隣人トラブルも怒らずに済むのが測量をする魅力です。境界票がはっきりとした形で存在していない場合には、売った後に建物などが建てられた結果、自分の土地を無断で使われたと隣人から苦情が入る可能性があります。

その時点であらためて測量をしてみたら間違っていて、本当に隣人の土地に侵入してしまっていたとなると問題は複雑になることは否めません。このようなトラブル対策としても土地を測量しておくのが安全策と言えます。

土地の測量をするデメリットとは

土地は測量してから売れば良いのかというと必ずしもそうではありません。デメリットとして挙げられるのが費用がかかることです。土地の測量を専門家に行ってもらうためには、20万円から70万円程度の費用がかかります。

このように幅があるのは面積の広さや地域による違いなどがあるからで、一般的に個人が行う範囲の土地の場合には40万円前後になるでしょう。

土地を売るためにこれだけ大きな費用がかかってしまうのはデメリットと言わざるを得ません。

また、土地を測量してしまうと面積や境界が明確になってしまいます。本来よりも実は広い面積を持っていると思っていたのに、実は意外に狭かったということが測量してからわかる場合もあるでしょう。これだけ広ければ売れるはずだと思っていた土地も、測量してみたらあまり価値のない土地だとわかってしまう場合もあります。

後々になってトラブルにならずに済むという点では良いですが、気づかずに売ってしまって、買い手もそれで満足してしまったとしたら測量したのがデメリットになるとも考えられるでしょう。

既に土地測量図や境界確認書があっても意味はあるのか

測量をすると土地測量図が手に入ります。境界確認書を書いてもらうことも可能で、当面はそれで安心してこの区画が自分のものだと主張することが可能です。土地測量図や境界確認書を持っているときでも、土地を売る前に測量をすべきかという疑問を持つ人もいるでしょう。

基本的にはあまり大きな意味はないと考えて差し支えありません。ただし、測量をしてから何十年も経過しているときや、周囲の土地で何度も工事が行われていたときなどは測量をしてみた方が良い場合もあります。測量を業者に依頼するときには土地測量図や境界確認書の内容と現況が合っているかどうかを確認してもらうという選択肢もあるからです。

隣人が悪意を持って境界票を動かしてしまっていたり、地震などの影響で動いてしまっていたりすることもあります。土砂災害によってかなり地形が変わってしまっていることもあるでしょう。大きな変化がないかどうかを確認するだけなら費用もあまり大きくはなりません。

土地測量図や境界確認書の内容が誤っているのではないかと指摘を受けてしまわないようにするために、売却前に測量をしておくのには意味があるのです。

相場の把握が肝心な土地の売却

土地の測量は交渉中にも必要になることがある

土地が測量されているかどうかは買い手も気にかけることがよくあります。興味を持ったから資料が欲しいと不動産会社に問い合わせたときに、土地測量図がないというだけで諦めてしまう人もいるのが事実です。そして、それを逆手に取って交渉しようとする人もいるということは覚えておきましょう。

土地測量図がないけれど本当にこの土地で正しいのかと言われてしまうと返答に困らざるを得ません。心配だから後で測量するので価格を下げて欲しいといった形で価格交渉をされる場合もあります。それに対抗するためには自分で測量をするという選択肢があるでしょう。

あるいは土地の測量をして本当にこの土地が手に入るのなら買いたいという人が現れることもあります。このようなときに測量をして交渉を続行したり、購入を前向きに検討してもらったりするか、あえて測量はせずに価格を下げたり、購入を諦めてもらったりするかは自分で判断しなければなりません。

土地の測量には費用も労力もかかるので、どちらを選ぶかを予め決めておきましょう。

測量せずに土地を売るときに気をつけておきたいこと

もし測量しないという方針で土地を売ろうと決めたなら気をつけておきたいことがあります。買い手がその点に納得して購入してくれなければトラブルが起こるリスクがあることは否めません。売買契約をするときにその旨を書面化して伝えるようにしましょう。

後で買い手が測量をして内容が違っていたと主張されたら、契約を破棄されても争うことができません。契約書にいつから測量されていないかについて明記し、それに納得した上で売買をするという一言を付け加えておくだけでこのようなトラブルを未然に防ぐことができます。

その文言を見て測量をして欲しいと言われる場合もありますが、その時点で対応を考えれば良いでしょう。ひたむきに隠し通してしまおうとすると後になってから苦労することになりかねません。測量をしていないという事実は買い手に正しく理解してもらうように心がけ、互いに理解した上で契約するのが大切です。